2016年10月15日

ライク・ア・ローリングストーン

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞した。

この前ノーベル医学生理学賞について書いたところなので、そのあとすぐに同じノーベル賞ネタで書き込みをするというのは、自分的には本意ではないというか、少し悔しいのだが、やっぱり書いとかんとアカンやろうと思うのは、それが他でもないボブ・ディランだからである。

私たちの年代の人ならボブ・ディランはどこかで必ず聞いているはずである。例えば吉田拓郎や泉谷しげるという、当時の大物ミュージシャンに彼は大きな影響を与えていて、歌の歌詞に出てくるボブの名前に、いったいどんな歌を歌っているヤツなんだと聴き始めた人が多かった。

前にも書いたがその英語の歌詞は決して簡単に理解できるものではなく(翻訳としてではなく微妙な表現の機微を)、当時は単に「雰囲気」を理解し、口ずさんでいたにすぎない。しかしその歌詞の文学的価値が高いことは10年ほど前から指摘されるようになり、私もその事実を4、5年前に知ることになった。

だから今回の受賞を聞いた私の反応は「おーついにやったか!」であって、決して「え?なんで?」ではなかった。どうも世間にはそんな事実がほとんど知られていなかったみたいで、みんな口々に「え?」と言っている。特に残念だったのはいわゆる「ハルキスト」の反応だ。村上春樹が受賞する瞬間を共有したくて集まったカフェで、受賞者の名前が発表された途端、狐に包まれたような表情で「なんでボブディランが受賞したのかわからない」とコメントするのをテレビで見た時は、やれやれ(春樹風に)とつぶやいてしまった。ボブディランの文学性の高さは村上春樹の小説で指摘されていることであり、ハルキストならボブが何度もノミネートされているのを知っておくべきだったのではないのか?と。

まあ、村上春樹が受賞しても私はもちろん嬉しかったけど、ボブの受賞もかなり嬉しい。きっとこれから多くの人たちが、特に若い人たちが、ボブの音楽を聴くことになるだろう。ビートルズやサイモンとガーファンクルは知っていてもボブ・ディランは聞いたことないという若者が多かったのではないか。これがきっかけになりボブのファンがさらに増えてくれれば嬉しさ倍増である。

そんなこんなを考えながら今、Apple Musicで「はじめてのボブディラン」というプレイリストを聞いている。そこには初期の名曲からロックへ傾倒した彼の音楽性が網羅されていて、昔からのファンにも楽しめる。ぜひ、老いも若きもこのプレイリストを聞いてほしい、というのが私の今回のメッセージだ。





posted by miyake at 09:52| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

大隅良典先生と科研費の行方

2016年のノーベル医学・生理学賞が大隅良典先生に決まった。長い間ノーベル賞候補に挙げられながら受賞を逃した何人もの日本人研究者がいる中で、ずっと本命候補に挙げられながら後回し(?)にされてきた大隅先生がやっと受賞されたことは、本当に嬉しいし、日本の科学技術にとって極めて大きなことだと思う。私ごとながら、特に、本受賞に大きく貢献されてきた吉森保先生(大隅先生の愛弟子でいまは大阪大学教授)とは多少の親交があることもあって、私には吉森先生がノーベル委員会に認められたようにも感じられて2重に嬉しいのである。

ところで、この賞のことは既にマスコミでいろいろ取り上げられており、いまさら私がチマチマと意見を書く必要も余地もないのだが、実はちょっと考えることがあって、久しぶりにこのブログに書きたいと思ったことがある。

大隅先生がマスコミの取材に繰り返し語っていることに、基礎研究の重要性がある。いや、基礎研究に対する社会の考え方の重要性というものがある。昨今、研究者には常に科学技術の社会実装が求められ、役に立たない研究は切り捨てるという傾向が強まっている。そもそも基礎研究には役に立つとか立たないとか、そんなこととは無縁なはずで、生命の神秘をただ単純におもしろいと感じる研究マインドが、後に極めて重要な成果に繋がっているのだ(例えば今回の受賞のように)。もし大隅先生が役に立つ研究だけを強いられていたら今回の受賞はなかったかもしれない。「役に立たない研究には研究費を付けない」風潮が続けば、日本の科学技術の将来は明るくない、と大隅先生は強調されている。

これは多くの基礎生物学者が常々感じている、感じてきたことである。基礎研究を支えるべき(実際支えてきた)科学研究費補助金、いわゆる科研費の申請書にさえ、この研究が何の役に立つかということを書かせる欄がある。それ自体を否定はしないが、いつも何か違う、と感じている研究者はたくさんいる。もちろん役に立つ研究が重要なのは言うまでもない。しかしそれだけでは科学は枯渇する。そのことを社会はきちんと理解する必要がある、と私は強く思うのだ。

いま、おりしも科研費の申請時期だ。私も毎日どんな戦略で文章を綴っていけば採択されるか頭を悩ませている。今回のノーベル賞の受賞で大隅先生が役に立たない(ちょっと言い過ぎかもしれませんが)研究の重要性をはっきりと述べられた。果たして科研費の審査にこの言葉は影響を与えるのだろうか。一見役に立たなさそうな研究の採択率が上がるのだろうか。できればそんな視点で、来年の科研費採択率を評価してもらいたいと真剣に思っている。



posted by miyake at 09:20| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

ダリと疏水と祇園祭

この前の3連休にダリ展に行ってきた。ダリは私のもっとも好きなアーティストの1人だから、ダリ展の広告を見た瞬間に「よっしゃ行くぞ!」と心に決め、この連休日曜日の朝一番に乗り込んだのだ。朝早いせいか平安神宮界隈は人がほとんどいなかったのだけど、さすがに美術館には多くの人が押しかけていて、ダリ人気の高さをひしひしと感じたのだ。

dali.jpgBlank.jpg今回の展示には教科書に載っているような有名な絵は来ていない。しかし16才から晩年まで、彼の人生の節目節目の代表作を展示してくれている。どういう過程を経てあの独特な画風が完成していくか時代を追って見ることができるのだ。「ダリ」の知らない一面を見れたのが、私にとってはとてもよかった。彼が脚本を書いたという映画や、ディズニーとのコラボショートムービーも映写していて、ダリファンにはたまらない内容になっている。

sosui.jpgBlank.jpgやあよかったよかったと余韻を残しながら平安神宮から疏水を辿って帰り道、祇園に入るととんでもない人だかり。そうそう、今日は祇園祭だった、と気がついたが後の祭り。できるだけ早足で人混みを抜けて大阪に帰ってきた。しかし祇園祭、なんであんなに人が集まるのだろう。ただ山車がひっぱって道を走るだけなのに暑い中みんなヒーヒーいいながら見物している。きっと私にはわからない何かがあるんだろうと妙に神妙になって通り過ぎたのである。

yoshino1.jpgBlank.jpgyoshino2.jpgBlank.jpgその夜は家族で暑気払い。豊中にある小さな割烹へ食事に行った。ここは地元の人に愛される高級(?)居酒屋で、今回初めて行ったのだが技術は高かった。連休中日のせいか他にお客さんがおらず静かに落ち着いて食事ができて、みんなでフムフムと満足して帰ったのであった。

ところで今回のダリ展で一番印象に残ったのが「素早く動いている静物」という作品だった。この絵が描かれた背景は省略するが、言いたいのは「素早く動いている」と「静物」という矛盾する2つの事象が1枚の絵の中に描ききられていることである。物事は見た目ではわからないぞ、物事の本質を見なさい、とダリから教わったように感じた。しばらくはそのことをじっくりと考えてみたい。

*ついでに細見美術館の伊藤若冲展も見てきた。なかなか良かったが若冲の見事な色彩が見られないのが残念だった。


posted by miyake at 05:51| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

いよいよ夏本番ですな

6月に入って梅雨入りし、季節は一気に夏に向かっている。そんな中、今年もBBW大阪に参加したことについて、今回はちょっと書いてみる(もうだいぶ昔になったけど)。

さて、毎年複数回参加しているが、今年は2日間の参加だった。1度目はお世話になったベルギーの人に会いに、2度目は日頃しゃべれない学生たちとワイワイしゃべりに。2回の参加で飲んだビールは7杯。いつもながらいろんなビールを楽しんだ。

BBW4.jpgBlank.jpgBBW5.jpgBlank.jpgまずはいつものシメイ・ブルー。濃厚なコクと独特の風味が食欲をくすぐる。ベルギー名物ミートボールと一緒にいただくと、自然と顔がほころぶのである。いきなり濃い味を飲んだので、次はあっさりしたヒューガルデン・ホワイト。小麦の風味と味が美味い。ただいつもより酸味を強く感じた。最近味が変わったのか?

他にはセーフビールというのを初めて飲んだ。なんでも「再現不可能といわれていた幻のビールを80年の時を経て復活させたもの」であるらしい。なんだかすごいビールである。独特の風味と酸味が特徴か。これまで飲んだことのない魅力があるのは確か。ユーラシア・トレーディングというところが日本への輸入をしているようなので、機会があれば試して欲しい、というかビール好きだったら試してみるべきでしょ!幻のビールなんだから。

BBW6.jpgBlank.jpg2日目の最後はオルヴァルで閉めたのだが、これは私が一番好きなベルギービールなのだ。満足、満足。もちろん好き嫌いはあるから、全部をみなさんにお薦めするわけではない。もっと正統派のドイツビールこそ美味いのだ、という人がいたら、それを否定する気は全くない。でも、何でもあり、こんなビールがあってもいいやん、というベルギービールの良さも認めて欲しい。ベルギーにも、トラピストビールのように伝統的な味を守るビールもあるのだ。しょせんビールなんだから楽しかったらそれでよいでしょ、というベルギービールの懐の広さが私は好きである。

そんなこんなで、ビールもよし、ライブも良しのBBW大阪も終わった。来年はまた行きましょうと、今回一緒に参加できなかった人から既にラブコールも入っている。来年なんかあっという間に来る。その時はまた、ここでベルギービールについて熱く語らせてもらうことにしよう。。。




posted by miyake at 06:17| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

中間発表の打ち上げと4年生の研究室選び

前回、GWも終わりです、なんて書いたけど、それどころか既に5月も終わりつつある。相変わらずバタバタ過ごしている中、ちょっと時間を盗んで最近の出来事を書いてみよう。

まず身近なこととして、6年生の学生の「中間発表」が無事終わった。これは卒業研究の途中経過を教員や大学院生の前で発表して、いろいろ意見をもらうという発表会である。今年も6年生は優秀なので、大きな問題もなくりっぱに発表をやってのけた。そして先週の金曜日は、その打ち上げとしてBBQパーティを執り行ったのである。

幹事である5年生の学生たちが頑張ってくれて、美味しい肉やカレーライスやマシュマロまで用意してくれた。キャンパスの近くには良い漁港があって、新鮮で見事な魚介類が安く手に入る(という話しである、私は買いに行ってことがないのだけど、、、)。写真のバカでかいハマグリを見て欲しい。他にもサザエもあって、ウハウハいいながら美味しくいただいたのだ。

そして週が明けると、4年生たちが研究室選びのために、ポツポツと研究室にやってくるようになった。彼らは10月から配属になる、その研究室を選ぶために話を聞きに来るのだ。
posted by miyake at 17:52| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

GW2016も終わりです。。。

久しぶりの書き込みです(言い訳がましい)。いろいろあって、なかなかブログを書く気になれなかった。時々読みに来てくれている人(いるのかな)のことも気になっていたので、今日は意を決して、なんと1ヶ月半ぶりにこれを書いている。

まずは熊本の地震に触れなければいけないだろう。東北の地震から5年。まだまだその傷も癒えないのにまたも大きな地震が日本をおそった。被害に遭われた皆さまには心からお見舞いを申し上げます。

個人的には、この1ヶ月の間に講義も始まって、今は毎週その準備に追われている。今年から新しいカリキュラムが始まっていて、その対応にも時間をとられている。あとは、とある外部資金の申請であったり、いろんな学会の役員であったり委員会のとりまとめであったり、最近始めた共同研究のことであったり、、、なんだかんだと頭を悩ますことが多くてとてもブログまで手が回らなかった。

そんな中で、ちょっと楽しみにしているのは、毎年のことだけどBBWである。そう、知る人ぞ知る、ベルギー・ビール・ウィークエンドのことだ。既に名古屋で始まっていて、大阪にやってくるのは6月1日になる。いつも書いているが私は毎年BBWに参加して、ここで友人と再会して話しをすることが恒例行事になっている。彼女はとても素敵なベルギー人なのだけど、なんとビールが嫌いなのだ。お腹が一杯になるから、というのがその理由らしい。しょうがないから私だけビールを飲んで、近況報告やこれからのことを楽しく話すことになる。

そんなことを考えながら仕事に埋もれたゴールデンウィークであったが、それも昨日で終わった。今日から平常どおりに忙しい生活が戻ってくる。こんどはいつここに書き込めるかわからないけど、なるべく書けるようにがんばります。


posted by miyake at 18:01| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ラボのHPが移動しました

このサイトの閲覧履歴を見てみると、ここへやってくる人の半分は、大学のラボのHPに貼ってあるリンクから入って来ているみたいだ。そんな人にちょっとお知らせしておかなければいけない。実はラボのホームページが移動することになった。大学のHP用サーバが変更になったためだ。現在は暫定的に古いHPも見れているが、4月に入るとそれが見れなくなるらしい。もしあなたが、古いHPのリンクからここへ来ているのだとしたら、これからは直接このサイトへ来てもらうか、新しいHPをブックマークして、そこにもあるリンクから訪れるようにしてください。

さて、前回の書き込みから2週間が経った。その間にいろんなことがあった。大学ではいくつかの入試が行われた。ラボでは6年生の追い出しコンパがあった。そして卒業式も行われた。つい先日は大阪で日本細菌学会の総会が開催され、私も参加して楽しませてもらった。会期中は古くからの友人や、新しく知り合った人たちといっぱい話ができた。あまりにも連日話しすぎて、少々疲れ気味であるが。。。

そして来週から4月が始まる。4月と言えば入学式だ。そして桜だ。新入生がやってきて、大学や、そこいらじゅうの桜が一斉に花開くのだ。うち(桜宮)の周りの桜もみごとな花を咲かせて、訪れるたくさんの人の魅了することだろう。

これからはドンドン日差しも強くなり、気温もグングン上がる。サイクリングにもってこいの季節だ。今年は新しいルートに挑戦しようと計画中である。どんな計画か、については今は言えない。秘密なのだ。計画が実行されたあかつきには、ここで報告させていただきます(ま、じらすほどのだいそれた計画でもないのだが)。




posted by miyake at 06:33| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

ダイエー京橋店

大阪・京橋にあったダイエー京橋店が閉店し、3月10日、イオン京橋店となった

ダイエー京橋店といえば、50年にわたり大阪市民に親しまれてきたダイエーの旗艦店であった。私が子供の頃、日々の生活品を買うのはこのダイエーだった。時に母親と一緒に、中学に入ってからは自転車に乗り1人で、週に何回かここで買い物をしていた。道を1つ越えた裏通りに王将(今で言う大阪王将)があって、買い物の帰りによく餃子を買って帰ったのを思い出す。もう40年以上前の話だ。いろんな意味で私にとって、いやたぶん多くの大阪市民にとって、この店は生活に欠かせない大きな存在だったと思う。

ただスーパーが1つ消えるだけのことに感傷的過ぎるかもしれない。ダイエーがイオングループに入った時点で、いつかこうなることは予測できたことでもある。しかし個人的には1つの時代が終わったと、何とも言えない寂しさを感じている。何年かすると、ここにダイエーがあったことを知らない人も増えてくるのだろう。

実際にはイオンに変わったからといって中身が大きく変わったわけではないらしい。ただ看板を付け替えて、そのままイオンとして営業を始めている。ただ、そこはもう「ダイエー京橋店」ではない。多くの専門店が入っていて、多くの人が一生懸命働いていた。長い間、「ダイエー」のために働いてきた人も多いに違いない。そんな人たちと寂しさを共有しながら、お店とそこで働いてきた人たちへ、お疲れ様でした、と言わせていただきたい。




posted by miyake at 06:42| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

衝動買い

忙しい日々を過ごす中でも、ものが壊れたり、服や靴がくたびれたりする。ほっときゃいいけど、人に会う機会も多いので、あまりみっともないカッコでいられない。でもなかなか買い物をする時間がとれない。だから移動の際にちょっと時間の余裕があれば、例え10分でもお店に立ち寄って服や靴を選んだりと心がけている。

とはいえ時間はあまりとれないから、これ、というものを買えることは望んでいない。まあこれでもいいか、というレベルで買うことが多い。

regal.jpgBlank.jpgところがこの前、おお、これ!という感じで気に入った靴を衝動買いしてしまった。あんまり気に入ったので、色違いで2足買ってしまった。それが写真の靴、リーガルの51FRAHだ。ちょうどこんな靴が欲しかったのだ。気軽に使えて、履きやすく歩きやすい。そして形がよい。流線型でシャープだ。そしてなにやら気品があり、大事なことは、それほど値段が高くない。甲皮の下にはゴアテックス膜がしこんであり、雨にも強い。

というわけで、いまお気に入りの靴。ちょっとカジュアルな状況では迷わずこの靴を選んで履いて歩き回っている。当分、靴屋に立ち寄って新しい靴を見回す必要はなさそうである。



posted by miyake at 07:41| Comment(0) | 気晴らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

久しぶりに食べ物について語ってみよう

今日は建国記念日。天気がよいので、健康のため自転車で30キロほど走った。今日の大阪市内の最低気温が0℃。フー。朝は確かに寒かったけど、走るうちにポカポカになって、いい感じで走り終えることができた。

さて今日は、ここ1ヶ月ほどで飲み食いしたものをチョイと載せてみよう。

wine.jpgBlank.jpgまずはワイン会の話し。大阪にフジマルさんという方がいる。まだ30才代だ。とにかくワインの魅力にとりつかれて、ワインショップを大阪府内5カ所で開いているほか、大阪の町のど真ん中でワインの蒸留所を作り、そこでレストランも経営している。そのフジマルさんがワイン会を催すというので参加してきた。この日は山梨県にある甲斐ワイナリーから創業家・風間さんを招いて、このワイナリーのワインをとことん飲み比べてみようという会であった。

wine2.jpgBlank.jpg会でテイスティングしたワインがこれだけ。フランスやイタリアのワインとはひと味違う、独特なワインを6種類、味あわせてもらった。甲斐ワイナリーは元々造り酒屋だったが、若い風間さんが10年ほど前からワインを作り始め、今ここまでの品質のものを作れるようになったのだとか。フジマルさんとは悪口の言い合いをする仲ということで、残念ながらこの日は悪口を聞くことはできなかったが、仲間うちのホノボノとした雰囲気が会場全体に広がっていた。お互い知った人も知らない人も、ただワインが好きだというだけで会話が弾み、渾然とワインの話しで盛り上がる、不思議な時空間をとことん楽しむことができた。

soba.jpgBlank.jpgまた別の日、大阪市内で午後から会議があったときには、かねてから行きたかった蕎麦やに照準を当てた。ちょっと早めに出てそこで昼飯を食べてから会議に出た。店の名前は「守破離」という。この名前にも深い意味があるのだが、ここで出す蕎麦も奥深い味がするのだ。2回目の訪問になる今回は、小エビ天麩羅そばをいただいた。カラッと揚げられた小エビ天麩羅が手打ちの蕎麦とぴったり合って、もう恍惚となりながら蕎麦をすすったのであった。

bread.jpgBlank.jpgそして今日はサイクリングの途中で岸辺にあるパン屋さんに寄ってきた。「ル・シュクレ・クール」さんは大阪のパン好きなら知らない人はいないという有名店で、多くのレストランがここのパンを使っている。今日買った3種類のうちオリーブ入りのパンはそれほど感激はしなかったが(もちろん美味しかったけど)、バトンブランシュという、クルミとナッツが入っていて軽くハチミツときな粉が効いているパンには唸らされた。うーむ、美味い。。。そしてココア入り生地にいちじくとクルミとオレンジが練り込まれた堅めのパンも大変、たいへん美味しくいただいた。ふむ。このパンにはワインかウイスキーが必要だ。美味しいハードチーズなんかも一緒だと言うことない。ああ、夜が待ち遠しい。。。

というわけで、世の中にはまだまだ美味しいものや美味しいお店があって、私に食べられるを待っているのである。そんな食べ物たちに「待ってろよ」と心の中でつぶやきながら、彼らと出会う機会をうかがいながら仕事にいそしむ私なのであった。



posted by miyake at 14:29| Comment(0) | 気晴らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。