2015年03月20日

地獄八景亡者戯

何を隠そう私は落語が好きだ。と書くと、研究室の学生達には「まあ、おじいちゃんだからねえ。。。」と言われそうだ。うんにゃ、そんなことを言う人はまだまだ落語のすばらしさを知らないのだよ、と言ってしまいたい。

といっても、すべての落語を好きなわけではない。私が好きなのは上方落語だ。江戸落語とは、なぜだかどうも相性がよくない。そもそも落語と出会ったのは、私が中学生の頃だ。当時は若者にとってラジオが重要な情報源だった。試験勉強中もラジオを聞きながら勉強したもんだ。ヤンタンとかオールナイトニッポンなんか、聞いてなかったら友だちから相手にされなかった。そうそう、プリンとキャッシーのカットジャパンもおもしろかった。この番組は、当時心斎橋にあったパルコ(今はラ・ポルト心斎橋になっている)6階の公開スタジオから放映されていて、よくその放送をライブで聴きに行ったもんだ。

そんなカットジャパンのスタジオでは、ときどき落語が演じられていた。寄席でなくて、若者に人気のラジオ番組スタジオで(それもパルコの中で)落語が演じられる。そんな時代で育ったのである。

beicho.jpgBlank.jpgそんなわけで落語好きの私だが、おもしろいことにどういうわけだか子供も落語が好きになった。ヤツが小学生の頃は、車で長旅をするときに落語のCDを買って車中で一緒に聞いていた。特によく聞いたのがあの米朝落語だ。当時米朝は既に人間国宝に認定されていて、その芸のすばらしさはまさに関西の宝と言うべきものだった。幸い東芝EMIさんが「特選!米朝落語全集」という、全30巻のCDを出してくれていたから、旅行に行くたび全集から1枚1枚選んで持って行くのが楽しかった。

特にどれが一番好きかと尋ねられたら(誰も尋ねてないけど)「地獄八景亡者戯」という題目だ。サバにあたって死んだ男があの世で経験する出来事をおもしろおかしく語る、落語にしてはかなり長い(60分以上ある)大作である。米朝はこれを見事に演じきる力を持っていて、私達はまったく退屈することなく、最初から最後までニタニタしながらドライブしていたのを思い出す。

そんな米朝さんが昨日亡くなった。晩年はさすがに人前で演じることはまれで、さすがの巨人も年を取ったと寂しさを感じていたが、もう、これでその姿を見ることさえできなくなる。落語を、単なる娯楽から芸術にまで高めた人、と言えば大げさか。そういうと、落語なんかそんな大したもんやないーと米朝さんには怒られそうだ。

今頃は三途の川のほとりで、地獄八景…で演じたとおりの場面に出くわし、苦笑いしているに違いない。

桂米朝さん、ゆっくりとお休みください。


posted by miyake at 21:15| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

My Sister's Keeper

もうちょっと前の話になるけど、「私の中のあなた」(原題:My Sister's Keeper)という映画を見た。別に映画の内容を知っていたわけでもなく、本当にたまたま見た映画だった。ところがこの映画は、結局私のお気に入りの1つとなった。

主役はアビゲイル・ブレスリン。アビゲイルと言えば、あの「リトル・ミス・サンシャイン」でオリーブ役を愛くるしい魅力一杯に演じ、アカデミー賞の助演女優賞に最年少でノミネートされた名子役だ。この映画を見ると、改めて彼女のうまさが光る。とにかく魅力的なのである。その魅力にやられて主人公アナが大好きになる。そして、アナの気持ちに共感し、悲しくなるのだ。映画のテーマは深く重い。だけどその重さは、アナの愛くるしさで払拭されてしまう。

実はこの映画、音楽がまたいいのだ。あんまりいいので、サントラ盤をiTuneで買ってしまった。そしてことあるごとに人に勧めている。皆さんも機会があればぜひ聞いてみてください。ただし、映画を見てから聞いた方が、感情移入できるかもしれません。

ちなみにアビゲイルは、「幸せのレシピ」(キャサリン・セタ=ジョーンズ主演)でも愛くるしさで私達を魅了してくれる。そんなアビゲイルも、実は既に20才。最新作の「エンダーのゲームズ」では、若者らしい演技を見せてくれる。

いやー、映画って本当にいいものですね。。。




posted by miyake at 20:02| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

今年もベルギービールウイークエンド2015

毎年ここで私が騒いでいるので、またかと思われるかもしれないけど、今年もビルギービールウイークエンドが大阪にやってくる。今年の大阪会場での開催は6月3日〜7日に決まったようだ。

beer_liege.jpgBlank.jpgしかししかし、ビールについてはベルギーと並んで有名なドイツのイベント、大阪オクトーバーフェストが、それに先立つ5月15日〜31日に長居公園で開催されるというのだ。同じビールを主役とするイベントがこんなに間近に開催されるとはどういうことだ。これではどちらに行けば良いか迷うではないか。いやいやもしかすると、どちらにも行ってしまえと、悪魔がそうけしかけているのだろうか。

やっぱりよい子はどちらか1つでしょう。もしどちらか一方だけに行くとすると、あなたはどうしますか?私は迷うことなくベルギーです。ベルギービールの種類の多さと味の多彩さに魅了されているからです。

ところで最近こんな統計を知った。ビールに関する統計で「世界のビール、ベスト13国」というのがあるらしい。根拠はよくはわからんが、生産量や消費量だけでなく、特にここ10年のビール産業の発展やらやあれやこれやを総合的に換算した結果という。これによると日本はなんと6位に入るという。光栄ではないか。そして堂々1位に輝くのがベルギー王国なのだ。これはドイツを4位に抑えての1位だからすごいではないか。

というわけでまたもベルギービールを宣伝してしまった。みなさんもベルギービールウイークエンドに行ってくださいねー。




posted by miyake at 22:02| Comment(0) | 気晴らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

追い出しコンパ2015

oikon2015.jpgBlank.jpg先週のメインイベントは追い出しコンパだった。場所はなんば、ウミヤ・ハワイアン。例によって名幹事ヤマさんが決めてくれた店だ。しかし、どこがハワイアンなのか全くわからない。料理も飲み物も、普通の居酒屋だ。きっとどこかに秘密が隠されているに違いない、と探したが、何も見当たらない。これはこれですごいことかもしれない。ヤマさんのおかげで、卒業生が3人も参加してくれて、まるで同窓会のような雰囲気。他のお客さんとは隔絶された個室スペースで楽しい追いコンだった。ヤマさんに感謝である。

さて土曜日はひどい雨で、仕事から帰ってからはおとなしく家で過ごした。そこで日曜日は朝一で自転車に跨がり、久しぶりのツーリングを楽しんだ。大阪大学の吹田キャンパスから豊中経由で北大阪の周遊コース。全部で39 kmをゆっくり2時間半で走った。そこらここらで梅の花が咲いていて、春を感じる楽しいサイクリングであった(きつかったけど)。

book.jpgBlank.jpg午後からは仕事。そして買い物で梅田に出る。仕事の資料を買いに丸善に行って、ついでにブラブラ本を物色していたら、ふとウイスキーの本が目についた。これは買わずには帰れない。何を隠そう私はスコッチウイスキーのファンなのだから。ウイスキーを極めるために、この本で知識を磨くのである。そういえば追いコンの2次会では、知る人ぞ知る「山三」で美味しい日本酒をいただいた。山三は、そこそこ美味しい料理とお酒が飲めるのにコスパがとんでもなく良いと、酒飲みには評判な店なのである。私は今回が初めてだったが、噂に間違いはなかった。ウイスキーにしても日本酒にしても、味わいを十分楽しむには深い知識が必要なのだ(たぶん)。

というわけで、今週もお酒の話しに終始しました。あしからず。。。


posted by miyake at 18:33| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

最近の出来事(2)

前回の続き。

前回からはや2週間。試験の採点はもちろん終わった。フルに追試をやることになったが結局、不合格者が数人出てしまった。残念だがしょうがない。来年はもっと頑張ってね。

そして大学入試が始まった。前期日程はなんとか終了、中期日程というのが来週日曜日、後期日程が再来週に行われる。入試が一段落するとようやく大学の行事もほぼ終わる。最後に残るのは卒業式。そこで6年生の学生達を送り出すと、すぐにまた新しい年度が始まる。

そうそう、そういえば1月の末には徳島大学に講義に行ってきたぞ。これは大学院性向けの講義で、約90分間、うちのラボの研究方向性(目指していること)と研究成果について話しをさせていただいた。教員の方にも多数ご参加いただき、いろいろとためになる質問もしていただいた。もちろん、その後は徳島の街に繰り出して、夜中の12時まで飲み食いした。呼んでくださった徳島大学の横井川先生はお酒が大好きで、私が来るのを楽しみにしていたという。嬉しいではないですか。もちろん私も大好きである。三宅さん呑みますよね、と言われたら、呑みます、と答える。ここで変に気を遣ってもしょうがない。挑戦はあえて受ける、というのは私のモットーなのだ。いやまあ、少しは呑めますよ、へっへっへ、といって誤魔化すことをよしとしない。呑むと言って呑む、そういう覚悟というか気概というか、悪く言えば無鉄砲さで自分を鼓舞しているのだ。

で、そんな覚悟で臨むから翌日は当然頭がボーッとすることになる。せっかくなので徳島を案内しましょうとオファーされたが、残念ながら翌週の仕事が溜まっていて申し訳ないけど辞退した(二日酔いのせいではありません!)。朝、ホテルをチェックアウトしてから徳島駅前のスタバで仕事をシコシコ進め、昼過ぎのバスで大阪へ帰った。

ramen.jpgBlank.jpgといっても、やっぱり「せっかくの徳島」ではある。事前にラボの5年生、ヤマさんから「徳島ラーメンというのがありますよ」という情報を仕入れていたから、これを食べてから帰ることにした。この徳島ラーメンというのは一般的には「しょうゆ豚骨」というジャンルらしいのだが、私に言わせれば、天一(天下一品)のラーメンに醤油を入れたもの、だった。こんなことを言うと徳島の人と徳島ラーメンファンに怒られそうだが、私は天一のラーメンの方が好きだなあ。

さて、そんなこんなの日々を乗り越え、今日28日は雨の日曜日である。自転車で走りたかったけどそれもできない。早くも「月2回は自転車で走る」という目標が崩れつつある。来週はなんとしても走る時間を確保しなければならない。そのためにも来週の仕事を前倒しで片付けている。

tray.jpgBlank.jpgついでに(?)午後から梅田に買い物に出た。というのも教授室のプチ模様替えをしているからだ。昨年はいろんなことが忙しく、書類を整理する時間がなかった。ドシドシやってくる書類をそこらにポンと放り出して、別の仕事に取りかかるから、最近まで書類の残骸というか屍がそこら中に山のように転がっていたのである。先週から少しづつ時間を作ってこれを片付けているのだが、書類が片付いてスペースができると、逆にそのスペースが気になってきた。オシャレじゃないのである。じゃあ「教授室オシャレ化計画」を実行すると決め、必要な小物をLOFTに買いに来ているというわけだ。今日のところは見た目の悪いスペースを隠すための額縁と、机の上に散乱している付箋を容れるトレイを購入した。これでちょっと机の周辺がオシャレになって、心が豊かになるはずである。

spare.jpgBlank.jpgちなみに額にはRichard Spareのポスターを入れた。殺伐とした教授室もこれで少しは暖かくなるのでないでしょうか。。。






posted by miyake at 17:17| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。