2015年07月26日

今年は本格的に天神祭に酔う

前回ジャックのことを書いたが、あれよあれよという間に時間が過ぎて、とうとうジャックともお別れの時が来た(BBQとかいろいろの話しはまた改めて報告します)。大学での行事が終わった翌日の昨日土曜日、ジャック夫妻を天神祭に招待した。

実は私の家は天神祭イベントの中心にある。なのにいつも仕事や何やらであまり積極的に参加はしてこなかった。今年はこんなわけで本格的に天神祭に参加しようと決心したわけである。

funatogyo.jpgBlank.jpghanabi1.jpgBlank.jpgといっても暑い中、若者達のように縁日をひやかすのも体力的にムリだ。そこでホテルのベランダから花火を楽しむというイベントに参加した。イベント会場である大川沿いにあるホテルは花火の打ち上げポイントの真ん前にあって、すばらしい花火を満喫できる。おまけに眼下には船渡御の舟がお囃子や大阪打ちで祭を盛り上げているのを一望できる。一緒に観覧したジャックとクリス(ジャックの奥さん)は、ベルギーにもお祭りはあるがこんな祭は見たことがないと、祭そのものというより祭を心から楽しむ日本人に驚いたようだった。

hanabi3.jpgBlank.jpghanabi2.jpgBlank.jpgそして、やはりクライマックスの花火100連発(200連発?)はすばらしかった。これにはジャック達も声を上げて感動してくれた。「これまで見た花火で一番良かったのはフランスで見た独立記念日の花火だったが、今日のはそれ以上にすごかった」というジャックに、そうやろそうやろ、ふむふむ、と満足してうなずく私であったのだ。

今日はそんなジャック達を駅まで送ってすべての行事が終了となる。彼が来日してから2週間とちょっと。やはり大変であったけど得られるものも多かった。日本人として精一杯「おもてなし」をしてきたが、これがベルギー王国と日本の交流を活発にする役に立てば、労も報われるというものだ。




posted by miyake at 07:50| Comment(0) | 気晴らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

犬鳴山でジャックとBBQ

今週木曜日に、ベルギーからジャックがやってきた。ジャックはリエージュ大学の獣医学部の教授で、2年ほど前からなんだかんだで繋がっている。去年ベルギーに行ったのも彼が受け入れてくれたからだ。年も同じくらいで性格も良く、日本通なのでうまく付き合ってこれている。

今回の訪日は、大阪府立大学とリエージュ大学間で、どういう手順で交流を進めるのかについて、情報共有と意見交換を行うのが目的だ。滞在期間は2週間。イベントが目白押しだ。マジメに考えるとめまいがしてくるが、こっちも楽しむスタンスで気軽に過ごすと決めた。

そんなジャックを迎え、まずは歓迎バーベキューをすることになった。場所は大学近くの犬鳴山。何にもない山の中だが、大学からも近く、自然の中でこじんまりお手軽BBQが楽しめる、ありがたーい場所なのである。

その様子はまたここで報告するとして、今日は2人でなんばにくりだした。くりだしたって言っても、気合い入れて行ったわけじゃない。滞在中に休日を利用していろんなところを観光したいと言うので、その情報収集に行ったのだ。特に英語の資料が必要だ、というので、英語資料のありそうな「大阪ビジターズインフォメーションセンター・難波」というところへ行った。

これがなかなかすごかった。外国人向けの情報が欲しいというと、次々とかゆいところに手の届く対応をしてくれるのだ。あっち行ってそれからこっち行って、それからこーんなとこも行くんですよ、などわけのわからないことを言っても、それではこうですねああですね、それはこっちの方が良いですよ、とちゃんとアドバイスをくれる。対応してくれたお姉さんがまたすごく感じよくて、思わず拍手したくなったくらいである。

douguya.jpgBlank.jpg大変満足したので2人とも調子に乗って、ちょっとめずらしいところへ行ってみようかと、オタロード道具屋筋に寄ってみた。オタロードには驚いたものの興味はないようだった、が道具屋筋にはなぜか食い付いた。滞在中にまたくるぞとマップまで手に入れて帰ったほどだ(写真は店の中を探索するジャックの後ろ姿)。


さあ、明日はBBQ。台風はそれたが暑くなるそうだ。うちのメンバーに加え他のラボからピロリンやイッチーも参加する。果たしてどんな会になるやら、、楽しみだ。



posted by miyake at 18:10| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

ついに「蔦屋書店」が大阪にやってきた

ここのところ、会議やらなんやらの数が増えて来て、また余裕のない状態に陥っている。大きな原因は週末に仕事イベントが入るからだ。あるときは会議だったり、あるときは大学のイベントだったり、あるときは私的なものだったりする。いずれにせよじっくり物事に取り組む時間がなくなり、バタバタと時間に流される状態なのだ。

そんな中で出遭った「おっ!」と思ったこと。それが「梅田 蔦屋書店」だ。

大阪駅コンプレックスにあったJR大阪三越伊勢丹が「ルクア1100」として新しく生まれ変わるとの話はかねてより聞いていた。しかし私は同じ駅チカにある「グランフロント大阪」が結構気に入っていて、「それがどうした」と斜に構えていた。ところがバタバタ過ごしていた2週間ほど前、帰宅途中でどうしても本が欲しくなった。一番便利な「ルクア」三省堂の開店時間を調べると、「ルクア1100」の開店に伴いここは閉店となり、代わりにルクア1100に蔦屋書店ができたと知った。

ふーん、ちょっと行ってみるかと蔦屋に行くとビックリ。そこには本屋なのかなんなのかわからない空間があったのだ。

もちろん本はある。そこにスタバがシームレスに融合している。うんにゃそれだけでなくクロークもあるし靴磨き屋さんもある。会議室も3つ併設されているし、そこら中にソファが置かれていて、人々は買う前の本をそこらでじっくり読んでいるのである。どちらかというと本屋と言うより図書館というか、いやホテルのラウンジに山ほど本がおいてあるというか、なんと表現すれば良いかわからない空間がそこにあったのである。

聞けばこれは蔦屋書店を経営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(長いね)が力を入れる「ライフスタイル提案店舗」の1つだという。既に代官山など、ここの他に3店舗があるらしい。いやー、大阪にもやっとできたということやね、と喜んだ私。遅ればせながら大阪もやっと仲間入りですわ。

週末には凄い人出でとてもゆっくり過ごせるわけではないけれど、落ち着いた頃にゆっくり来たいねえ。。。



posted by miyake at 05:23| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。