2016年01月23日

それって食の安全と関係ある?ない?(2)

前回の廃棄トンカツの話しのつづき。

こんな事件がまた起こって欲しくはないので、どうすれば防げるか、を考えてみた。結論から言えば、これは簡単ではない。

比較的簡単にできることを挙げると、まず今回のようなケースでは、メーカーがトンカツ(食品)を廃棄した事実をウェブやマスコミで速やかに公開していればよかった。もちろんそうする義務はない。しかしもしそうしていれば、小売店や消費者がその事実に触れていれば、不正に流通されたこれら食品を販売したり購入したりはしなかっただろう。

ウェブやマスコミだけでは、これを見る人と見ない人が出てくるから、ちゃんとしたシステムがあればよりよいだろう。例えば、商品のバーコードを読み取ればその商品の履歴がわかるシステムが構築されていたらどうだろう。銀行でニセ札のチェックを行うように(日常的にやっているのか知らないが)、流通の過程で流通業者、小売店がちょこちょこっとチェックしていれば、ちゃんとしたルートで流れている商品か否か気づくことができる、そんなシステムがあればよい。消費者もスマホでピピッとやれば商品情報が入手できる、なんてことになればもっともっとよい。

いやもっとよいのは、単にメーカーと小売店、メーカーと消費者をつなぐのでなく、入り口から出口まで、一貫して食品の履歴を記録・管理して、これを消費者が自由に閲覧できることだ。これは食品のトレーサビリティと呼ばれ、様々な食品で導入が進められているが、小売店、消費者がその履歴・追跡情報に簡単に(スマホなどで)アクセスできるところまで進んでいるのは、牛肉(と一部の野菜・米製品)に限られる。加工食品にもこれが広く適応され、情報公開が進めば、今後はこのような事件の抑止力になるし、例え起こったとしても、賢い消費者はこれを購入することを回避できるかもしれない。

2008年には事故米不正転売事件というのが起こり農水省がいくつかの対策を講じている。今回の事件を受けて、食の安全に責任を持つ厚労省は、果たして何か対策を講じるのだろうか。前に書いたように、今回の事件は食の安全・安心に関わるのだが、食品衛生法では直接規制しにくい面がある。今後どうなるのか、きちんと見守っていきたいと思います。



posted by miyake at 09:57| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

それって食の安全と関係ある?ない?

いま世間を騒がせているのが廃棄カツの横流し事件だ。みなさんよくご存じだと思うけど、あるファミリーレストランが店舗で使うトンカツを、理由があって大量に廃棄する必要があって、これを業者に廃棄委託した。ところが廃棄業者がそれを食品流通業者に横流ししてしまい、結局どこかのスーパーか何かの店頭で売られていた、という事件である。

つまり、ゴミとして廃棄すべき食品が知らない間に食べ物として売られていたわけで、そんなもの食べさせられていたのかもしれないと消費者は怒るわけである。また、製造者はちゃんとルールを守って食品を泣く泣く廃棄したのに、いわれのない製造物責任を問われかねないとカンカンに怒るわけでもある。

これは大事件だからマスコミは大きく取り上げて、コメンテーターやゲストがああだ、こうだ、といろんな意見をテレビや新聞で言うことになる。いわく、安全であるべき食品が、云々とか、またしても食の安全が脅かされる、云々とか。

でも一連の報道を聞いていて、ちょっと変だなと感じるのは私だけだろうか。今回の事件は食の安全とは直接は関係ないように思えるのだが。

今回のトンカツは、プラスティック片の混入の可能性があるということで廃棄処理に回されたらしい。この異物混入は品質管理上問題だが、健康にはほとんど影響はないはずだ。従ってこれを人が食べたからと言って(大部分は異物さえ混入していないから)病気になる可能性はほとんどない(実質的にはゼロに近い)。もちろん、流通過程で不適切な温度管理などがなかった、という前提ではあるが。

では今回の事件で横流しした廃棄業者はどういう罪に問われているのか。廃棄物処理法違反という、食の安全とは離れた法律にも基づくのである。つまり、捨ててくれと頼まれたものを捨てなかったから罪に問われているわけで、食の安全を脅かしたから罪に問われているのではない(今のところ)。

そこんところ皆さんちゃんとわかってますか、と私なんぞ(私だけではないと思うが)感じてしまうわけである。だからテレビを見ていて違和感を感じる。

じゃあ、食の安全とは何の関係もないのか、こんなことが起こっても別にいいのか、というとそうではない。長くなるのでその話しは次回へ。。。




posted by miyake at 13:22| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

成人と言われても困るんでは?

今日は成人の日で、土日と合わせて3連休である。その連休にあやかって私が向かったのはえべっさんだ(昨日)。

ebisu.jpgBlank.jpg大阪の人ならよく知っている、えべっさんは今宮戎神社のことだ。毎年1月の10日えびすは、その年の商売繁盛を願う大阪人で大賑わいになる。「商売繁盛で笹もってこい!」というかけ声で社内は元気いっぱい。ここに来るとなんかわからないけど元気になるから不思議だ。商売してる人もしてない人も、ここで新しい一年がガンガンに盛況になることを願う。私もいろんなお願いした。もちろん中身は秘密です。

bioinfomatics.jpgBlank.jpgその後、梅田に行ってあの丸善/ジュンク堂でじっくりと本を選ぶ。今日は講義の参考にするためにこんな本を買いました。それを持って近くのスタバで仕事を1つ、2つ、じっくり片付けた。最近のカフェはWi-Fiがとんでいたりコンセントが利用できるから大概の仕事はここで片付いてしまう。利用者としてはありがたいのだが、お店には迷惑かけているようで心苦しい。いつもいつも、文句一つ言わずゆっくりさせてくれてありがとう、スタバさん。これからもよろしく。


syokosyu.jpgBlank.jpgそして1日のシメは、そのまた近くのホテルで中華のコースをいただいた(春蘭門さん)。日本人の口に合う、おいしい中華であった。ただ、私の中の本格中華とはちと違った。私は中華には詳しくないが、中華というと、もっとババンというか、味が濃厚で、どうだ、と突きつけてくる旨味があると思っていたのである。ここは日本人の好みにマッチする上品な中華であった。私のような年寄りにはそれがすごく嬉しかったが、若い人には物足りないかもしれない。

そういえば、今日は成人の日。若い人たちの日だ。今日から成人(20才)となる若い人はこの日をどういう気持ちで迎えるのだろう。昨日まで未成年だったのに、今日から成人だ責任を持てだの言われても困るだろうな。まあ、困るかどうか別にして、新たに"大人"として足を踏み出す若者達には素直にエールを送りたい。年寄りにできることはそんなことぐらいなんだから。。。乾杯!。。




posted by miyake at 06:59| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

あけましておめでとう2016年

2016年が始まりました。昨年はいつもにも増してバタバタの年だったように思います。いろんな場面でいろんなお役目を仰せ使い、これはこれでありがたいことですが、一方で時間に余裕がなくなっていた面もありました。これを経験にして、今年はしっかり地に足着けた年にしたいと思います。

去年は新しいことを2つ(私的なこと)始めました。せっかくなので継続したいと思っています。そして今年は仕事で新しいことをいくつか始めます。共同研究をスタートし、新たな展開を期待しています。また、ラボのホームページを何とかしようと思っています(しばらく何も手をつけていない)。

楽しみあり、不安もあり、のスタートになります。なにより体が資本です。昨年末のように体調を崩すことなく、体調管理に気をつけて(その余裕も確保しながら)一歩一歩進んでいきたいと思います。

では、みなさんにとっても夢と希望に満ちたすばらしい年となりますように。



posted by miyake at 07:04| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。