2016年10月15日

ライク・ア・ローリングストーン

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞した。

この前ノーベル医学生理学賞について書いたところなので、そのあとすぐに同じノーベル賞ネタで書き込みをするというのは、自分的には本意ではないというか、少し悔しいのだが、やっぱり書いとかんとアカンやろうと思うのは、それが他でもないボブ・ディランだからである。

私たちの年代の人ならボブ・ディランはどこかで必ず聞いているはずである。例えば吉田拓郎や泉谷しげるという、当時の大物ミュージシャンに彼は大きな影響を与えていて、歌の歌詞に出てくるボブの名前に、いったいどんな歌を歌っているヤツなんだと聴き始めた人が多かった。

前にも書いたがその英語の歌詞は決して簡単に理解できるものではなく(翻訳としてではなく微妙な表現の機微を)、当時は単に「雰囲気」を理解し、口ずさんでいたにすぎない。しかしその歌詞の文学的価値が高いことは10年ほど前から指摘されるようになり、私もその事実を4、5年前に知ることになった。

だから今回の受賞を聞いた私の反応は「おーついにやったか!」であって、決して「え?なんで?」ではなかった。どうも世間にはそんな事実がほとんど知られていなかったみたいで、みんな口々に「え?」と言っている。特に残念だったのはいわゆる「ハルキスト」の反応だ。村上春樹が受賞する瞬間を共有したくて集まったカフェで、受賞者の名前が発表された途端、狐に包まれたような表情で「なんでボブディランが受賞したのかわからない」とコメントするのをテレビで見た時は、やれやれ(春樹風に)とつぶやいてしまった。ボブディランの文学性の高さは村上春樹の小説で指摘されていることであり、ハルキストならボブが何度もノミネートされているのを知っておくべきだったのではないのか?と。

まあ、村上春樹が受賞しても私はもちろん嬉しかったけど、ボブの受賞もかなり嬉しい。きっとこれから多くの人たちが、特に若い人たちが、ボブの音楽を聴くことになるだろう。ビートルズやサイモンとガーファンクルは知っていてもボブ・ディランは聞いたことないという若者が多かったのではないか。これがきっかけになりボブのファンがさらに増えてくれれば嬉しさ倍増である。

そんなこんなを考えながら今、Apple Musicで「はじめてのボブディラン」というプレイリストを聞いている。そこには初期の名曲からロックへ傾倒した彼の音楽性が網羅されていて、昔からのファンにも楽しめる。ぜひ、老いも若きもこのプレイリストを聞いてほしい、というのが私の今回のメッセージだ。





posted by miyake at 09:52| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。