2014年08月05日

ダメだったらやり直したらいい

この前たまたま、ダメだったらやり直したらええやん、てなことをちょこっと考えてた。理由は、日本という国が間違いや失敗に厳しいなあ、と感じたからだ。

人間なんやから、間違うこともある、読みが外れたり、うまくいかんかったりすることも当然あるでしょ。そりゃあ、それで大損したり、みんなに迷惑かけたらペナルティはいる。しばらくはおとなしく、失敗のツケを負って、清貧で暮らすこともそりゃ必要です。

でも、そのあとでまた凄いアイデアが出て来た時、それにチャンスが与えられる世の中でないとダメだと思う。でなけりゃみんな失敗を恐れてチャレンジしなくなる。当たり障りのないことをやってお茶濁して、安定を求める人ばかり。オリジナリティのある人が出てきたら、いつか失敗しろなんて思うのかもしれない。

気軽にチャレンジして、ダメだったら一旦引く。でもまたチャレンジできて、それが良かったらみんなで応援する。そんな世の中でないと、勝ち組と負け組にキッパリ分かれて、負け組はいつまでも勝てなくて、誰も夢を持たない世の中になってしまう。

そんなことを数日前に考えていて、考えていたことすら忘れていた今日の午後、ヤスギさんが突然「みやけセンセ、笹井先生が亡くなりましたよ」って教えてくれた。

ギョッとした。なんてこった。これはダメでしょって思った。

彼は別に犯罪を犯したわけではない。人に迷惑を、というと、かけてないわけではないかもしれないけど、でも特殊な世界でほんの一部の人にしか迷惑をかけてない(たぶん)。なぜ死ななければならなかったのだろう。

前にも書いたがSTAPのことは元々サイエンスの話だ。前にも書いたがこの世界で間違いはつきものである。まあ、問題はあったかもしれんけど、ごめんなさいって言って、論文も取り下げたんだから改めてやり直したらいいやんか、と私なんか思う。

問題はあった。でもサイエンスの問題とそうではない問題をキチンと切り分けて、それぞれの世界で裁いてケリをつけ、そのあとまたやり直したらいいやん。

なんで死者までださなあかんかったんやろう。

悲しい。この結末は本当に悲しい。ここまでしなきゃいけなかったんか?こんなことになるまで大騒ぎして誰が得したのか?

何度も言うけど、これは初めからサイエンスの話しだったんじゃないの?なぜサイエンスとして、サイエンスのやり方でキチンと処理できなかったんだろう。

このことは日本人すべてが重く受け止めて考える必要がある。もうこれ以上、悲しい事件を起こさないために。





posted by miyake at 19:39| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。