2015年06月21日

その街は裏谷町と言うらしい

今年は講演の当たり年のようだ。既にここまで4回の講演を終えたが、あと9月までに6回の講演・講習の予定が入っている。講演の対象はいろいろで、一般の方あり、関連企業あり、学生あり、高校の生物の先生ありだ。ん?高校の先生?そうなのだ。今年は高校の先生向けに講習をやることになっているのだ。

ところが高校の先生方とはあまり接点がなく、うまくイメージができない。プレゼンの基本はまず相手を知る、である。相手を知らなければ講演準備ができない。ふむ、、、といろいろ悩んだ末、幼なじみに高校の先生がいることを思いだした。早速プルプル電話をかけて、「ちょっと久しぶりにメシでもどう?」と食事に誘った。

彼が待ち合わせの場所に指定したのが天満橋だった。天満橋は京阪電車の主要駅で地下鉄とも接続する。京阪シティモールがあり、地下には飲食店も多い。オマケに大阪城へ向かうときの起点にもなり、府庁、合同庁舎など官庁街へもアクセスも良い。谷町台地の一角だから古くから住宅も多く、私立高校や大学もあって学生(生徒)もたくさん行き来する。つまり、いろーんな人が集まって活気がある地域なのだ。

実は彼と私は、このあたりの同じ幼稚園〜高校に18年間通ったのである。待ち合わせ後に連れて行かれたのが「裏谷町」といわれる地域だった。この辺は、昔、通学で通ったところだが、今はオシャレで閑静な住宅地に変わっていた。小さいが感じの良い飲食店があちらこちらに点在し、巷では結構人気らしい。少しブラブラして、たまたま目についた小料理屋へ入った。

kobachi.jpgBlank.jpg当初の目的どおり、講習会へのアドバイスはもちろんもらった。しかしそれはほんの一部。そういえば君んとこの親父さん、いまどうしてる?一緒に遊んだあいつは何してるかなあ。あいつらも今は頑張っているらしいよ。そんな話に花が咲いた。料理もお酒も美味しくて、ついつい口も軽くなる。実は僕らこの辺で育ってね、と女将さんに言うと、「あら、うちの子供が今その中学に通っています」とくる。

思いがけずのプチ同窓会。生まれ育った街で幼なじみと酒を酌み交わす。街は変わったけど人情は変わっていない(と感じた)。まさに40年前へのタイムスリップ。ホンワカ気分で過ごすことができたのである。


*写真はイメージです。
**裏谷町(裏谷四ともいう)はカレー屋が多く「カレー激戦区」ともいわれる。



posted by miyake at 09:06| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。