2016年10月12日

大隅良典先生と科研費の行方

2016年のノーベル医学・生理学賞が大隅良典先生に決まった。長い間ノーベル賞候補に挙げられながら受賞を逃した何人もの日本人研究者がいる中で、ずっと本命候補に挙げられながら後回し(?)にされてきた大隅先生がやっと受賞されたことは、本当に嬉しいし、日本の科学技術にとって極めて大きなことだと思う。私ごとながら、特に、本受賞に大きく貢献されてきた吉森保先生(大隅先生の愛弟子でいまは大阪大学教授)とは多少の親交があることもあって、私には吉森先生がノーベル委員会に認められたようにも感じられて2重に嬉しいのである。

ところで、この賞のことは既にマスコミでいろいろ取り上げられており、いまさら私がチマチマと意見を書く必要も余地もないのだが、実はちょっと考えることがあって、久しぶりにこのブログに書きたいと思ったことがある。

大隅先生がマスコミの取材に繰り返し語っていることに、基礎研究の重要性がある。いや、基礎研究に対する社会の考え方の重要性というものがある。昨今、研究者には常に科学技術の社会実装が求められ、役に立たない研究は切り捨てるという傾向が強まっている。そもそも基礎研究には役に立つとか立たないとか、そんなこととは無縁なはずで、生命の神秘をただ単純におもしろいと感じる研究マインドが、後に極めて重要な成果に繋がっているのだ(例えば今回の受賞のように)。もし大隅先生が役に立つ研究だけを強いられていたら今回の受賞はなかったかもしれない。「役に立たない研究には研究費を付けない」風潮が続けば、日本の科学技術の将来は明るくない、と大隅先生は強調されている。

これは多くの基礎生物学者が常々感じている、感じてきたことである。基礎研究を支えるべき(実際支えてきた)科学研究費補助金、いわゆる科研費の申請書にさえ、この研究が何の役に立つかということを書かせる欄がある。それ自体を否定はしないが、いつも何か違う、と感じている研究者はたくさんいる。もちろん役に立つ研究が重要なのは言うまでもない。しかしそれだけでは科学は枯渇する。そのことを社会はきちんと理解する必要がある、と私は強く思うのだ。

いま、おりしも科研費の申請時期だ。私も毎日どんな戦略で文章を綴っていけば採択されるか頭を悩ませている。今回のノーベル賞の受賞で大隅先生が役に立たない(ちょっと言い過ぎかもしれませんが)研究の重要性をはっきりと述べられた。果たして科研費の審査にこの言葉は影響を与えるのだろうか。一見役に立たなさそうな研究の採択率が上がるのだろうか。できればそんな視点で、来年の科研費採択率を評価してもらいたいと真剣に思っている。



posted by miyake at 09:20| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。