2011年11月20日

寝ては起きての1日

昨日、細菌学会関西支部総会が終わった。

前にも書いたが、この学会は準備から運営まで私達がお世話をさせてもらった。この1-2週間はその準備がとても大変だった。事前の1週間、平均睡眠時間は3時間半ぐらいか。ヘロヘロになりながらなんとか当日にこぎ着けた。いったいどうなるか、と思った学会も、始まってみれば大きな問題もなく順調に進み、無事20時には終了した。

手伝ってくれたスタッフや学生達を見送った後、細かなあと片付けを終了したのが21時半。会場を施錠して大学を離れたのが22時。大きな荷物をさげて家にたどり着いたのが23時半。その後、ビールを1本飲んだら瞬間的に意識を失った。

翌日は8時まで寝て、持ち帰った荷物の後片付けをし、大学へ行って明日の講義の準備をした。往き帰りの電車では、それぞれ1時間、ほとんど寝っぱなし。帰りにベトナム料理を食べてビールを飲んで、帰ったらまたソファで寝こんでしまった。

気が付いたらもう夜21時。この文章を書き終わったらシャワーと歯みがきして寝ます。

今日は結局1日中寝っぱなしだった。ま、これで体力も少しは回復しただろう。。。。。


posted by miyake at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

今日も暑かった

 今日、ちょっとした仕事があって朝一番に大学へ行ったら、休日の朝8時にも関わらず、ナカイちゃんとホシくんが来てた。パチパチとキーボードを打ってたらミナミさんが来て菌がどうとかかんとか言ってきた。ふんふん、それじゃ次はこうしようか、とアドバイスしてまた仕事に戻る。

 いやー、みんながんばってくれてる。念のため言っておくが、私は学生に土曜日や休日にも来いと言ったことはない(はず)。ただ、土・日・祝日を完全に休むと実験は停滞する、せめて土曜日に来るだけでも進み具合は全然違うよ、と、そんな話はしたことがあった。限られた時間にある程度の成果を上げたいなら、場合によっては休みの日に実験することも必要かもよ、と。

 そして彼らは自主的に休みの日も大学に来て、実験をしてる。これは「うちのラボは土曜日は休みじゃないから出て来なきゃダメぞ」なんて上から言われて来ている場合とは全然違う。自らが前を向いて、それぞれの定めた目標を目指し、他の何かより実験することを優先してわざわざラボへ来ているわけだから。

 いやー、ボスとしては嬉しい限りだ。「別に先生が嬉しいとか関係ありません!」って言われそうだけど、、、。

 さて、そんな私はというと、明日締切の書類を完成させ宅急便で発送し、昼すぎには梅田に帰り着いた。ちょっとボブ・グリーンのコラムを読みたくなって紀ノ国屋に寄ってみたら、彼の著書のほとんどが在庫切れだった。紀伊國屋、しっかりせい!と思いながらトボトボ家に向かうが、髪の毛がボサボサなのに気が付き急遽パーマ屋さんへ方向転換(最近はサロンというのだと店の人が言ってたが、本当か?)。

 サロン(変な感じ、、)のお姉さんが教えてくれたが、近くの交叉点でチラシを配ってたら、交叉点の電光掲示板が気温41℃を示していたそうな。

 そんな中で2時間もチラシ配ってたお姉さんもあっぱれだけど、しかし梅雨空けていきなり41℃とはねえ。

 明日は土用。23日には大暑となる。そして25日は、、、あのツール・ド・フランスのグランド・フィナーレ!!

 あ、その話はまた次回にします。。。。



 
posted by miyake at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

南国のタイ

 いま、タイのタマサート大学に来ている。午後5時半。ちょっと前にスコールのような雨が降った。

 最高気温が35℃。暑い。朝晩は25℃ぐらいでまだ過ごしやすいが、昼間の日なたは灼熱地獄。日本のあの暑い夏を思いださせる。

 タイに出発する日は最高気温が10℃で寒かった。セーターとコートを着て日本を発ったのに、ここではシャツを着ているだけで汗が流れる。

 やっぱり日本の四季はいいなあ。タイには桜もないし。タイにある日本企業の化学工場を見学させてもらったが、現地の人も桜を懐かしんでいた。

 そういえば、細菌学会で横浜にいたとき、JR車内でおもしろい広告を見つけた。なんでもサクラに重粒子線を照射して突然変異を誘導した結果、1年中咲くサクラができたらしい(詳しくはこちら)。普通サクラは寒い時期を経験しないとつぼみが膨らまない。それが変異サクラは寒くなくとも花を付けることができるらしい。

 そんなサクラはタイでも花を咲かせることができる。タイの日本人よ、サクラの下で花見をすることができるようになるかも知れませんよ。

 でも、1年中咲くサクラなんて、やっぱい情緒ないよなあ。そんなサクラ、日本では育てないで欲しいものです。


 そんなこんなでタイ出張も今日でほぼ終わり。これから人に会って、明日早朝に日本行きの飛行機に乗ります。明日の今ごろは日本。早く帰って、たぶん今ごろ満開の桜を見るのが楽しみだ。


posted by miyake at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

中国にて3

 帰国してからよく「食事はどうでしたか?」と聞かれる。答は「おいしかったよ〜」。

 広州は広東料理の地。味はどちらかといえば薄味で、辛みも少ない。日本人の舌に合っている気がする。

 残念ながら(あるいは好運かも知れないが)広州での食事はすべてホテルのレストランで摂った。ほぼ毎食、シー先生、シー先生の学生や要人達との会食がセッティングされていたからだ。これでは広州全体を論じるわけにはいかない。が、シー先生によると、ここの味付けはだいたい標準的、質は高いという。

 ビールは青島ビールではなく「珠江ビール」。沖縄のオリオンビールに似て、軽いサッパリした飲み口だ。最低気温が20℃、最高が27℃という気候にはピッタリ合う。おみやげに持って帰ろうかと思うぐらい気に入った(もちろん持って帰るのは止めた)。

 料理は薄味だけど、うまみが濃厚でもある。多くはとろみが付けられていて、これがビールを進ませる。中には四川料理に近い牛肉の煮込みなんかもあって、これがまた美味い。唐辛子がきいてるから、食べてるうちに汗が噴き出してくる。で、またビールが進む。

SCF1546.jpg

  SCF1547.jpg

 左がそのビールです。右は牛肉の煮込み。



 「食は広州にあり」。中国人の理想的な人生感に由来する言葉だ。

 生在蘇州、穿在杭州、食在広州、死在柳州

 景色の良い蘇州に生まれ、絹織物で有名な杭州の衣服を身につけ、美味しい広州の料理を食べ、良い材木の出る柳州産の棺桶に入る。中国人として生まれるなら、これが最高の一生だという意味らしい。

 そんな広州の料理を食べ日本に帰ってきたとき、最初に食べたいと思ったのはお米だ。しっとり・もちっとして、甘味のある日本のお米と、カツオ・昆布ダシが恋しくなった。やはり私は日本人、いや大阪人。

 私にとっては、食在大阪、ということかな。


posted by miyake at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

中国にて2

 さて、初日は香港で1泊して、鉄道で広州に入った。ここ華南理工大学は国家重点大学でもある総合大学で、案内してくれた石("シー"と発音する)先生によると学生数は5万人にも及ぶという。人口1000万人を超える巨大都市、広州の中心地から車で僅か15分。広大な敷地内には教員や職員用の寮や宿舎の他に、いま私が宿泊しているホテルまで存在する。教員・職員の子供達は、同じ敷地内にある幼稚園や学校に通い、この敷地内で育っていく。

 この恵まれた環境を持つ華南理工大学に寝泊まりし、その周辺を案内してもらうにつれて、「食は広州にあり」というこの地を、食の教育プログラムの対象とするのは極めて自然のように思えてきた。

 2晩に亘り大学の要人達と会食し、交流を深めることができた。具体的にここで何をするのかはこれからの話だけど、ここを中国の1拠点としてフードチェイン教育を考えてみると、いろいろと夢が広がってくる。来年ここを訪れるだろう学生達も、おそらくいろんなものを吸収して帰って行くのではないだろうか。

 そんな広州滞在も、終わりを迎えつつある。あと10分ほどでホテルをチェックアウトして、香港経由で帰国する。「来たかいがあったな。」そんな思いを胸に、この土地を離れます。

 また次回の中国報告を続けます。何枚かの写真と一緒に。。。

posted by miyake at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

中国にて1

 いま、中国は広州のホテルに居ます。

 初日(3月1日)は香港に入り1泊。

SCF1526.jpg

 写真は今朝、香港のホテルから見た朝の町並。



 そして朝から電車に乗って、ここ広州にやって来ました。

 いや〜、中国は活気がある。いろいろあって元気減退の日本とは違う。雑多な雰囲気があるものの、何かしら強烈なエネルギーを感じさせるものがある。これが中国の魅力なんだろうな、とつくづく思った。
 
 さて、広州では、同行したS先生の旧友、Sさんと会う。そして歓迎の食卓では、ただただ乾盃合戦。10分に1回は「カンペイ!」と小さなグラスに注いだパイチュウ(白酒)を飲み乾す、というか飲み乾せさせられる。もう何回カンペイしただろう。ベロベロな状態。こんなん続けてたら絶対体を壊すな。

 細かい話はまた後日。今日は華南工科大学の学部長と会って挨拶できたことで満足。

 また明日、報告します。たぶん、またベロベロな状態で、、、、


posted by miyake at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

教育GPと初めての中国出張

 はあ、今週も(先週?)忙しかった。昨日あった会議の準備でずーっとバタバタとし、その後も年度末締切の書類を片付けるのにバタバタ。結局日曜日を費やしてもまだ片付かず、月曜日の午前中までに完成させるべく奮闘中。

 そしてその午後からは、関西空港検疫所に学生を連れて見学会。その後そのまま関西空港から中国へ出張です。

 中国でもドタバタするのか、それとも束の間の休息となるのか。実は私にはわからない。

 今回の中国行きは、S先生と一緒に行く。新しく始まった教育GP事業の一環での中国行き。中国に詳しいS先生がすべて御膳立てしてくれた。わたしゃそこへのこのこ付いていく感じ。言ってみればツアコン付きのツアーのようなもの。

 とりあえずパスポートと着替えさえあればいいか。たった3泊4日だし。中国は初めてなんだけど、知っている人と一緒だから気楽なもの。まあ若干不安もある。なんか結構パーティーマナーなんかも面倒そう。とりあえず人の振り見てその真似するか。

 もし事情が許せば、中国便り、このブログで報告します。ただし、インターネット環境が良ければ、の話です。

 
posted by miyake at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

例解 現代英語冠詞辞典?!

 今、英語の文章を書いているんだけど、冠詞の使い方に頭をひねっている。

 自分では、ある程度、冠詞の使い方は理解しているつもり。でも、英語の論文を書いて、最後に英文校正から帰ってくると、何ヵ所も訂正されているのを発見する。

 自分でも納得できる部分もあるけど、「えっ?!、なんで?」という場所もある。「なんで?」と思っても、「ここはこうなの!」ってネイティブに言われたら、はい、そうですか、と言わざるを得ない。なんか理屈どおりじゃないよなー、とブツブツ。しょせん言葉なんだから、理屈では割りきれない部分があるんとちゃうの、そんなの俺たち日本人にゃわからへんやんかー、とか思ってもいた。

 でも、そんなこと繰り返してたらいつまでもこれ以上上達しない。ちょっといいかげんになんとかせんとアカン、と思いはじめた。

 で、英文法の参考書を買って、もう一度、論理的に英文法を見なおしてみようと思った。買ったのは金子書房の「英文法解説」。近くの書店に電話すると、在庫ありマス、とのこと。手ごろな値段(1,900円ぐらい)だったので、自転車でビュンっと走って買っちゃった。これから読んで、またいつか感想でも書きますか。もしこのブログ読んでくれてる人で、この本使ってた(る)人がいるなら、使い勝手を教えてね。

 ところで、本を買いに行ったとき 書店で気になる本を発見。「例解 現代英語冠詞辞典」。510ページ、3,570円。英語冠詞の使い方の原理を包括的にまとめた本で、立ち読みしてみると「すごい!」。これ1冊読むと、冠詞のすべてがわかってしまうような気がする。

 「そのうち君のお世話になる日が来るかもな、フッフッフ。。。」。そんな謎の言葉をつぶやきながら、今日のところは後ろ髪引かれながら別れてきた。

 自分の独自の考えを、微妙なニュアンスとともに、苦労することなく言葉巧みに相手に伝える、これは科学者として生きるためには最低限の技術。足らないと思うところは粛々と努力するしかないです。


posted by miyake at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

ビアパーティ

 ここ2日ほど、夏とは思えないほど過ごしやすかった。まるで避暑地のよう。それが今日の午後になってまた夏が帰ってきた感じの暑さ。まあ、夏だからしょうがないか。

 さて、お盆も今日で最後。明日から仕事という人も多いことでしょう。我々のラボも14日からお盆休暇。その休暇の前の13日に、冷蔵庫のビールを使ってビアパーティをやりました。

 つまみはお好み焼き。なんせ初めての本格的なラボパーティだから、料理の器材が何も揃ってない。キャベツを切るにも四苦八苦。でもなんとかホットプレートで完成品が来ました。

okonomi.jpg

 少々水っぽい気もしたけど、おいしかったぞ。ちなみにこのお好み焼きを焼きあげたのは新人コタニッチ。彼の研究室初仕事となる。なかなかの出来、とりあえずは合格としておこう。


 この日から家族旅行に出かけた星くんやマッチャンには申し訳なかったけど、みんなでしこたま食べて、しこたま飲んで、しこたまバカ話や真面目な話して、10時過ぎに終了。

 近ごろ忙しくて、あまり研究室のみんなとコミュニケーションとってなかったけど、この日はいろいろお話しできてよかった。ビールがまだまだ余っているから、今度はよその研究室の学生さんたちも呼んでやろうかな。

 ま、次はいつになるかわからないけどね。



posted by miyake at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

4年生歓迎会

 今年も無事、4年生の研究室配属が決まった。彼らは通常、10月1日からそれぞれ研究室に入って、卒業研究にいそしむ。

 ところがうちの研究室に決まった学生は、夏休みから研究室に来たいなんて言いだした。やる気のある学生の気持ちを受けとめて、トコトン伸ばしてやるのが教員の責任だ。「いいよ〜、席も用意しとくからいつでも好きなときにおいで〜」

 というわけで、前期試験が終わった8月7日に歓迎会を催したのである。場所はなんばパークスの中華バイキング「上海茶龍」

 今年春まで秘書としていろいろ雑務をこなしてくれていた中井さんも参加してくれて、ワイワイ・ガヤガヤ、2時間、なかなか楽しく過ごしました。

 いや〜、薄々感ずいていたけど、今度の4年生、なかなかユニークですわ〜。コタニッチはボードゲーム・オタクだし、コンドーさんは非常に礼儀正しきお方だし。5年生も達も、とっても個性的だけど、また違った趣があって、なかなかよろし。

 それぞれ全然別の個性が4つ、これから研究室で交ざり、影響し合っていく。ウーム、楽しみですわ。

 「上海茶龍」の写真。

1191.jpg






 今日は楽しかったね、ビールも美味しかったし、そう言えば研究室の冷蔵庫にビールがいっぱい入ってたぞ、じゃあ今度の金曜日にでもビール・パーティやりますか。

 ということになって、お盆前の木曜日にもビア・パーティやりました。次回はその報告を。


posted by miyake at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

品川駅

 今日は梅雨の中休み。夏のような日射しだったな。木陰で風を受けると心地好かったけど、日なたを歩くと体が火照った。

 中休みといえば、今週は予定外の中休みがあった。いえ、休みでなく仕事で東京へ出張に行ったんです。

 週前半は何がどうなっているのかわからないくらい忙しかったのに、木曜日にポッと東京出張が入ってて、「忙しい中、こんな出張、無かったらいいのに」と思っていた。「この忙しいときにー、ブツクサブツクサ」。

 でも帰ってきた今思うのは、この出張があって良かったな、だ。大学の外に出ることが気分転換になって、ストレスを若干軽減してくれたように思う。まあその「ツケ」は、金曜日に津波のように押しよせてきたにしてもだ。

 今回の東京出張は、厚労省の研究班会議。国立医薬品食品衛生研究所、というやけに長い名前の研究所が主体となった食中毒関連の研究班に入れてもらっている。その全体会議が、用賀にある研究所内であったので行ってきたわけ。

 最寄りの駅は桜新町。駒澤大学のある、落ち着いた感じよい街だった。

桜新町.jpg


 梅雨雨のせいか、桜並木もつやっぽい。





 会議は和気あいあいと進み、面白い話(研究報告)も聞けた。予定通り1時から4時で終了。同じ班に入っている阪大微研のH教授と再会したので、「ちょっとのんで帰りますかー」と品川へ。

 品川駅は新幹線が止まるようになってから、JR在来線と新幹線のホームが一体化、中に本屋やら洋菓子屋(おみやげ屋?)などが詰まった巨大ショッピングモールのようになった。新幹線の発車時間までの少しの待ち時間に、講内にある居酒屋でちょっと一杯、なんてこともできるのである。

 これから松戸に向かうというHさんと、ビール片手に近況報告やら情報交換やら、いろいろ話しして1時間。じゃあ、と手を振ってから階段をトットッと下りると、そこはもう新幹線ホームになっている。発車5分前でも落ち着いておみやげ買って、乗りこめるからもう便利。

 車内で天童荒太の「悼む人」読みながらまたビール飲んで疲れて寝こんで起きたら新大阪。

 というわけで、気分転換して新たな気持ちでまたMacBook Proに向かっているわけ。そう言えば来週もまた東京出張があるなあ。今度の出張は気分転換になるか、よりストレス抱えこむことになるか、また来週報告します。



posted by miyake at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

スーザン・ボイルと長い行列

 スーザン・ボイル。ほとんどの人はこの名を聞いたことはないんじゃないだろうか。つい10分前まで、私もその1人だった。

 仕事にはいる前に、インフルエンザ情報にざっと目を通していたときたまたま見つけた名前。

 彼女はイギリス人。47才。小さい頃から歌が好きだったという。ただ、見た目はあまりパッとしない。失礼ながら、田舎のタバコ屋さん(イギリスの田舎にタバコ屋があるとすればだが)で店番をしているおばさんタイプ。

 イギリスの有名な歌のオーディション番組に、そんなスーザンが登場したとき、審査員のみならず観客も思わず失笑。「オイオイ、誰が連れてきたんだ」というムードが流れる。

 ところが彼女の口から音楽が流れでたときから、会場のムードは一変する。伸びやかな声、充分すぎる声量。そして表現力。歌いおわるのを待たずに起こるスタンディング・オベーション。熱狂する観客と、やられちまったという感の、爽やかな敗北感に充ちた審査員の手放しの称讃。

 そんな動画が、有名な動画投稿サイトで視聴できる。関連動画をすべて会わせると、何千万回も視聴されたと、とも言われている。

 その動画をさっき見て(聴いて)、なんだか心が温かくなった。あー、ええもん見させてもらいましたわー、と思った。久しぶりの感動。

 で、ちょっと思いだしたことを書きたくなった。先週の本田先生の退職記念パーティでいただいた記念品の中にあった業績集。家に帰ってから、じっくり目を通してみた。

 当然、ながーいい業績リスト。内容も立派で、さすが本田先生。ただ、単に立派で長い業績リストなら、本田先生に限ったことではないだろう。おそらくもっと長く、もっと立派な業績を残された研究者も多いはずだ。

 でも、ふと思いだす、パーティが終わった後の、あの長い人の冽。あれほどの冽はそんなにどこでも見られるというわけではない、と思う。

 これも間違いなく本田先生が残された、長い業績リスト(失礼)の1つだろう。本田先生が歩んできた道で与え、そして得てきた、信頼と温かみという名の。



 
posted by miyake at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

いちょう

 良い塩梅で雨が降ってる。ちょっと前の雨は冷たくて体が冷えたけど、今日の雨はなにかやさしい。ふうわりと湿気が体を包みこんでくれているような、心地良さを感じている。

 そんな雨ですっかり元気なのは銀杏の子供達だ。子供達と書いたけど、いったい銀杏はどこからが子供でどこからが大人かは知らない。とにかくまだ小さいから子供だろう。

 こいつらは3年前、大学の敷地に生えていたのを救ってやったのだ。

 その時の写真がこれ。

icho3.jpg

 前の年のギンナンがおそらく取り残されていたのだろう、春になって5〜10 cmぐらいのイチョウの赤ちゃんが一面に芽を出していた。それを鉢に植えかえて愛情かけて3年間育ててきた。救ってやったというのは、植えかえた直後に大学で下草刈りが行われて、のこったベビーイチョウが根こそぎ刈りとられてしまったからだ。

 それ以来大切にベビー達を育ててきた。チビのくせに秋には葉っぱが黄色く色づいて落葉する。そして丸裸になって冬を超した後、春の始まりと共にまた葉芽を吹き出すのだ。

 3年目となった今年もこんなに元気に芽を出した。

銀杏

icho1.jpg

 鉢植えだから大きくならないけど、それがまたかわいい。

 今日は植物自慢でした。



posted by miyake at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

吉田沙保里とアンジャッシュ

fuji.jpg

 東京へ出張に行き、今朝帰ってきました。写真は帰りの新幹線から見た富士山。なかなかキレイでした。

 今回の出張の目的は、厚生労働省のお役人に会って、幾つか打ち合わせをすること。昨日の昼前に大学を出て、新幹線で東京に向かいました。

 途中、名古屋からオリンピック金メダリストのレスリング吉田沙保里選手が同じ車両に乗り込んできました。パッと見、普通の人。そんなに背も高くないし。なのにあんなに強いだからなあ。

 お手洗いに行くとき、緊張して座席の横を通る。だって、うっかり掴み掛かったら(?)ケチョンケチョンのコテンパンにやられるはずだから。

 そんなアホなこと言いながら東京について、霞が関に向かう。思えば霞が関に足を踏みいれるのは始めて。これも教授になったからこそ経験できることかな。日比谷公園の中を通り、厚労省ビルの写真をパチリ。

korosyo.jpg

 ビルに入ろうとしてビックリ!まず敷地内に入るのに、いかつい警備員に身分証明書の提示を求められる。ビルのエントランスを入ったら、今度は金属探知帽で身体中探られて、おまけにカバンの中身もチェック!着替えとかTシャツをそのままズコンと入れていたのを見られてしまいました。

 こんなものものしいのは、例の厚労省元事務次官殺人事件以来だとか。犯人逮捕されたのに、まだ続けてるんてるんですよねー、と言うのは、お会いした厚労相の事務官。まあ、一旦始めると止めるのもままならないと言うことですか。

 で、1時間半ほど打ち合わせの後、感染研にいる府大の先輩、杉山先生と会食。新橋の「福炎や」っていうとこに行ったんだけど、ネットで見た印象とだいぶ違ってて、少しガックリ。でも、時間を過ごすうち、茶室のような狭い個室も、まあ結構落ち着くか、と結局3時間半もペチャクチャお話しして解散。帰りはシメの担々麺。

 翌日7時ののぞみで大阪に帰ってきました。

 ところで、帰りに品川のホームで列車待ちしてると、何だか見たことのある若者を発見。んっ?テレビで見たような。。。。これがアンジャッシュでした。新幹線の中では彼らの2つ後ろの座席で帰阪。ホームで待っている間も、新幹線の中でも、ほとんだお互い会話してない様子。いつも一緒にいると煮詰まってくるからか。。?

 というわけで、なんだかいろいろ有意義な、プラス、プチお楽しみにも出会えた、1泊2日の東京出張でした。ふ〜。
 
posted by miyake at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

今年もよろしくお願いします

 今日は元旦。とうとう年が明けてしまった。前回の書き込みを見ると12月21日。なんと10日間経ってしまっていた。

 いや〜、いろいろありました、この10日間。まず、例の帯状疱疹は早く薬を飲み始めたせいか大した後遺症もなく完治。誰ぞやはそれを聞き「ほんまに帯状疱疹やったんか?」なんて大阪弁で失礼なことを宣っておったが、間違いないのだぞよ!いまだに左後頭部に時々ズキンと疼く偏頭痛も残っているし。

 それから幾つか忘年会をこなし、年末タイムリミットの仕事をなんとか滑りこみで片付け(年明け一番の仕事は正月にすることにして)、気が付くと29日。年末の掃除やらお墓参りやらなんだかんだを、バタバタ、ドカドカ、乗り越えていって、気が付くと年が明けてました。

 ということで2009年。今年の抱負は「自分の時間を作ること」。やらなきゃいけないからやるのではなく、やりたいからやる、その「やる」に使う時間を死守することです。

 誰のためでなく、自分の人生を豊かにするために、自分の時間を使う、あたりまえのことなんだけどなあ。これを抱負にすること自体ちょっと悲しいけど、これ、今の痛切な願いなんです。

 まあ、そんな感じで今年もがんばりますっ!皆様よろしくお願いします。



posted by miyake at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

いま東京。。。

 前回「3日に1度は、、」と書いてから既に3日以上経ってしまった。なかなか思い通りにはいかないもんです。

 で、今これを書くことができているのは、東京に出張に来ているからだ。そういえばいつかも出張中に書き込んだっけ。

 前は国立だったが今回は新橋だ。7時からの会食までの空時間、電話もないビジネスホテルの部屋で書いている。いやー、ネットで予約したときはもうちょっとちゃんとしたホテルと思ったんだが、電話の無いのは予想外。まあ、新橋駅から歩いて5分。地の利を考えると一泊朝食付9,000円は安い?値段を考えるとしょうがないかな。

 ちなみに電話はないけど、部屋はそんなに悪くはない。イヤなニオイも無いし、でっかいテレビも付いてるし。ただ東急インとかに比べてグレードが落ちるのは間違いない。まあ、駅近にこだわりたい人にはいいかもしれません。

 スーパーホテル新橋・烏森口。機会があったら試してみます?
posted by miyake at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。