2015年10月28日

外国人に囲まれて

さてさて、ご無沙汰しています。オーストラリア出張の続きを書かなければいけないのだけど、ちょっと思いついたことを書いてみます。

最近周りに外国人をよく見かける。電車の中でも、街中でも、駅でもカフェでも。しかもアジア系の人だけでなく、いわゆる欧米人もやたら多い。それもそのはず、外国人観光客の数が既に去年の1.5倍に達したということでである。

これは喜ばしいことだ。日本の経済にとってはもちろんの事、日本の文化が世界に認められ、日本が魅力的であると認めてもらったのだから。

でもなんでこんなに、しかも今、ここまで日本に観光客がやって来るんだろう。円安とかビザ発給要件の緩和とかいろいろあると思うけど、もしかすると4年前の東北大震災が関係しているのではないかというのが「三宅説」だ。

あくまでも私の思い込みというか、偏見なのだが、震災以降、日本のことが海外で報道させる機会が増えたと思う。それに伴い東北の人々の不便さだけでなく、彼らを支えようとする日本人の姿も海外で頻繁に報道されたようだ。4年という月日をかけて東北が復興の道を歩み、それに伴う人や自然や文化が海外で紹介されるにつれ、もしかしたらこれまで日本のことをあまり知らなかった外国の人達が日本に興味を持ち出したのじゃないかというのが、私の考えだ。

それが大きな理由だとは考えていない。でもそんなことも一つの理由になっているんじゃないか、と、身近に増える外国人を見て考えてしまうのである。

そう考えると、いやそう考えたほうが、震災からの復興の努力がいろんなところで認められていると、心が少しだけ温かくなります。





posted by miyake at 06:21| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

地球の大きさをなんとなく感じた

さて、オーストラリア出張報告のつづき。

city.jpgBlank.jpgアデレードはオーストラリア南部の、人口100万人ほどの街だ。緑が多く清潔で歴史情緒のあるゆったりした市街地は、西側を海に接し、反対側になだらかな丘を配す。まわりでは農業が盛んで、特に麦畑とブドウ畑が一面に広がる。良いブドウが獲れるようでワイナリーが多く、有名なBarossa Valleyには国内外から多くの観光客が訪れる。

beach.jpgBlank.jpg海沿いの地域はリゾート地で、ヨットハーバーやビーチが整備されている。このGlenelgと呼ばれる街を拠点にして、いろんなところへ出かけたわけだ。なにせリゾート地だからついつい海辺ではしゃいでみたくもなる。写真は今回のオーストラリア班のメンバーだ。植物バイオサイエンス課程の学生さんと、麦の育種を専門とする森川先生が一緒である。

field.jpgBlank.jpgここでの主な訪問先はアデレード大学であった。アデレード大はオーストラリアGroup of Eights(日本でいえば旧帝大か?)の1つで、学生数2,500人の大きな総合大学だ。エン麦の育種を専門とするパメラさんとピーターがいろんな面で我々の旅をサポートしてくれた。

centre.jpgBlank.jpg見せてもらったいろんな施設やフィールドの中で、とにかく感激したのは土地の広さと規模の大きさである。そりゃこれじゃあ日本で麦つくったって負けるでしょう、と素直にシャッポを脱ぐ私であった。品種改良についても非常にシステマティックであった。ランダムに変異株を作成し、それぞれの成長をロボット管理する。表現形の違いを画像解析し、最も適した株を自動的に選抜する。それを次に広大な大地で生産し、例えば日本の厳しい要望に合う、質の高い小麦を生産し輸出するのだという。こんなことにたまげてしまったのは私が植物の素人であるせいだとは思うが、そういう意味では学生達にも良い勉強になったのではないかと思った。

vet_building.jpgBlank.jpg動物系についても様々な施設を見せてもらった。アデレード大の獣医学部は学生数50名程度と、我々の大学の規模と変わらない。しかし診療施設や飼育施設は、比べものにならないくらい広い。いやー、学生の時にこの大学で学びたかったわ、とパメラさんに言った私だが、それはあながち冗談ではなかった。

つづきは次回。。。





posted by miyake at 06:56| Comment(0) | 学会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

アデレードは意外と良いところだった

いま、オーストラリアはアデレードという街に来ている。いや、遊びではありません。仕事です。以前から報告している「食の副専攻」という教育プログラムに関連して、今年はここへ来ることになったのである。

まあ、堅苦しい説明は誰も望んでいないと思うので(間違いだったらごめんなさい)、なぜアデレードに来たか、という説明は省くことにする。とにかく今、ここアデレードに仕事で来ていると思って欲しい。

そして初めて来てみて、この街が意外に良いところだと発見中である。何が良いか。まず人が少ない。綺麗で安全である。街の規模が小さく移動がしやすい。人がみんな親切である。これらは学生を連れてきて教育体験させるには重要ポイントとなる。

一方で困ったこともある。まずは物価が高い。小さなモーテルで1泊100ドル以上。これはアメリカの田舎町の1.5〜2倍だ。ガソリンスタンドで水を買うと400円取られた。日本だと同じ値段で4本買える。もちろん、日本より安いものもある。しかし全般的に物価は高いんじゃないかな。

食の教育・演習で毎年学生をここへ連れてくるために、今後どんなことが必要か。今回はそれをある程度イメージして帰るのが仕事である。今日で3日が終わり、後5日ほど滞在する。それはどんな体験になるだろうか。。。次回は写真と共に、楽しいこと含めても報告します。


posted by miyake at 20:25| Comment(0) | 学会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

ClostPath 2015も終わりました(2)

さて、会議の出席者は200人ほど。ほぼ全員がこの会議の常連さんだ。初日に顔を合わせると、昔の友だちに会ったように再会を喜ぶ。つくづく狭い世界だと感じる。が、それは悪いことではない。Fisrt namaで呼び合い、打ち解けて細菌学(特にクロストリジウム属)について熱く語り合うのだ。なんてマニアックなんだろう。

学会の質は高く、3日間の日程に毒素やら疫学やら菌の生理に関する話しがぎっしりと詰め込まれている。今年は世話役がアクトリス博士のせいか、タンパク毒素関係の話が特に多い。そして最後に、あのジャンピエトロ・スキアボー博士が破傷風毒素の話しでしめてくれた。輸送小胞のプロテオーム解析から毒素の新たなレセプターを同定し、治療薬の開発にまで辿り着いている。40分間ワクワクしながら話を聞かせてもらった。

beer_german.jpgBlank.jpgそんな会議の合間には、会場(ホテル)の中庭でコーヒーを飲んだりビールを飲んだりするのだ。会期中は天気を良く気持ちよくビールを飲ませてもらった(もちろん会議が終わってから)。ビールが美味いのはいうまでもない。なんといってもビールの本場、ドイツなのだ。ま、ただ、いつも言ってるように、私はベルギービールが好きだけどね。




dessert.jpgBlank.jpgそんな会議も終わり、最後のディナーはホテル併設のフォーマルレストランでゆっくり食事をして終わった。食事はコース料理で、最後には写真のようなしっかりしたデザートまででてきた。ここで同席した中国人のXinhuaはHarvard Medical SchoolのAssistant Professorだ。最後までにこやかに場を盛り上げてくれた。

という感じでClostPath 2015も終わった。日本に帰ってきたのが9月12日の土曜日夜。翌日日曜日はアメリカ人のマフーツに会い、月曜日から3日間はバタバタ過ごし、今日17日からはオーストラリアに向かっている。そう、この文章はオーストラリア行きの飛行機を待つ成田空港で書いているのだ。傍らにはビールとオリーブ。これからブリスベンまで10時間。まだまだバタバタしながら過ごすのであるが、まあ、その詳細はまた次回に。。。


posted by miyake at 04:56| Comment(0) | 学会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

ClostPath 2015も終わりました(1)

さて、ドタバタと日本を飛び出して、いまドイツにいる。7日から始まった「ClostPath2015」に参加するためである。これはClostridium属細菌の病原性に関する学会で、2年に一回開催され、今年が9回目だ。前回はオーストラリアのケアンズで開催され、今年がドイツのフライブルグである。

gate.jpgBlank.jpgまずはフライブルグを紹介しよう。フライブルグはドイツ南部の古い大学町である。周りを深い森に囲まれる(Black forestと呼ばれる)とても美しい地域にある。今回の学会はそんなフライブルグで開催された。

この街に到着した初日、会議が始まるまで時間があったので、ちょっと街中を歩いてみた。街の真ん中にシュヴァーベン門と呼ばれる時計台がある。いかにも古そうだが詳しいことは私にはわからない。なにせ観光に来たわけではないのである。わからないけど「フムフムなかなか良い雰囲気だわい」と思わせる何かがる。さらに歩くと、開けた広場のような場所に大聖堂がドンっと建っていた。

minster.jpgBlank.jpgここはミュンスター大聖堂と呼ばれるらしい。これはなかなか見応えがあった。なんでも1200年頃からここに立っているという。800年も前の話だ。時間がないので外と中をちょっと見ただけだったが、話しによると上に上がって街中を見渡すことができるという。さぞかし良い眺めだろうから登ってみたくもあったが、繰り返すが観光に来たわけではないのである。後ろ髪引かれながらもソソクサと夕方から始まる会議に備えそこを立ち去ったのである。

つづきは次回に。。。


posted by miyake at 20:45| Comment(0) | 学会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

今晩からドイツへ向かいます

やれやれ、やっと少し気持ちに余裕がでてきた。ここのところ、400 mの障害物競走をエンドレスでグルグルと何周も走っているような生活が続いていた。それもようやく切りがついて、というか切りを付けなくてはいけなくなって、今日からドイツへ行くのである。

といっても今目の前でやっているのは、ドイツに行ってもしなきゃいけない仕事のファイルを愛機MacBook Airに詰め込んでいるわけだから、切りなんか全然ついていないとも言える。ま、行く前にどうしても片付けなきゃいけないことは、とりあえず済ませることができた、ということだ。

ドイツの話しをする前に、だいぶ前(8/10)にやったラボの歓迎会の話をしよう。新4年生がこの10月からラボに入ってくる。そのメンバーも決まったので、お盆直前に歓迎会をやった。

welcome.jpgBlank.jpg左がその歓迎会の写真である。一番奥にいるのが私と3人の4年生だ。熊ちゃんとブリちゃんとアッコりんりんという。名前だけ聞くと(もちろん本名ではないが)いったいどんな人間だ?と思うかもしれない。彼らそれぞれの人となりは後々ここで紹介するが、一人一人が十分に個性的で、並べると足りないところを互いに補い合っている。これから彼らがどんなドタバタを繰り広げてくれるか、楽しみである。

そして彼らの先輩である5年生のヒラショーも、あと10日ほどで帰ってくる。彼は今、アメリカのオレゴン州立大に研究留学中である。3ヶ月の滞在を終えて帰ってくるのが、私がドイツから帰ってくるのとほぼ重なる。

そんなこんなで過ごしているわけで、ドイツから帰ると少しづつ新しい風が吹いてくる気配がするのである。だからどうだというわけではない。まあ、まずはドイツで学会を楽しんでくるとしよう。ドイツの珍道中については、またここで報告しますわ。。。




posted by miyake at 13:50| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

ヨーロッパのセミ

ベルギーからジャックが大阪に来ていたとき、一緒に道を歩いていると「あの音は何だ?」と聞かれた。

あの音?と聞き返すと「あのやかましい音だ」という。どうもセミの鳴き声のことのようだ。えっ、あれはセミやん。セミって知らんの?と聞き返すと、「セミって虫のことか?」と聞く。そりゃセミは虫だ。セミはベルギーにはおらんのかと聞くと、いるはいるがこんな音はしないというのだ。

そもそも音(sound)と表現するのが気に食わん。あれは日本人には音ではなく声(鳴き声)だ。音なんて言ってもらっちゃあ困る。しかし彼らには音でも生ぬるい、むしろ騒音(noise)に聞こえているようだ。

そりゃ確かにクマゼミの鳴き声は騒音に近い。朝っぱらからシャンシャン鳴かれるとただでも暑いのにもっと暑く感じる。いいかげんにせい!と叫びたくなるぐらいだ。

そう考えていてふと思った。果たしてベルギーのセミはなんて鳴くのか?いったいベルギーにはどんなセミがいるのだろう?

思いついたのがジャックの帰った後だったのでググってみた。どうもヨーロッパにセミはいるにはいるが少ないらしい。しかも具体的なセミの名前がなかなかわからない。イギリスにはチッチゼミの一種がいるようなので、ベルギーにいるのはたぶんこのチッチゼミだと思われる。とすれば彼らにとってセミは「チッチ」と鳴く虫ということか。そこで大阪市立自然史博物館のサイトでチッチゼミの声を聞いてみるとなんともかわいい声ではないか。これじゃあ大阪のセミが騒音に聞こえてもしょうがない。残念だが「音」と表現したことは許してやろう。

ちなみに東南アジアにいるコウテイゼミはウシガエルのような声で鳴くらしい。セミがそんな声で鳴くなんて日本人には想像できない。ヨーロッパ人が日本のセミに感じたことも、それと同じと思えばしょうがないか。。。




posted by miyake at 07:57| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

ジャックとのBBQ報告

inunaki2.jpgBlank.jpgさて、ベルギーからジャックがやってきたその週末、ラボのみんなと近くの犬鳴山に行ってバーベキューをやった。ちょうど台風11号が通り過ぎた後で天気はカンカン照り。気温も朝から30℃を超え、ついに夏本番かという中の、絶好の息抜きBBQになったのだ。

このBBQ場は山の中の渓流沿いにあって、周りを木々に囲まれている。山肌に作られた小高いデッキを貸し切ったので、こじんまりとプライベートな環境で仲間うちワイワイと食べ飲み語ったのである。

inunaki1.jpgBlank.jpginunaki3.jpgBlank.jpgジャックは結構「いける」口で、ビールも日本酒もガンガンいく。せっかくだから楽しもうという気満々だからこっちも気をつかわずガンガン勧めた。BBQの焼き物もほぼ終了した頃、さすがに下戸の若者は退屈したらしく、山の中にお寺があるのを探り出して、みんなでプチハイキングしようと言い出した。

プチ、のはずが結構ハードで片道20分ほどの道のりだったが、渓流を上る山道は気持ちよく、ちょうど酔い覚ましになったかも。ジャックはお寺の鐘をついたり、渓流に手を突っ込んでみたりと、それなりにハイキングを楽しんでくれたようであった。

ところでこのBBQには学生達が大活躍してくれた。ヤクリンはヤクリン・ママと一緒に食材の準備を引き受けてくれて、食材をBBQ場まで運ぶのにパパまで動員してしまった。タウンエースの運転はピロリンが引き受けてくれたし、全体の調整はサカちゃんが全部やってくれた。もちろん他のみんなのおかげでもある。みんな、ありがとーね。。。。



Blank.jpg
posted by miyake at 10:17| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

今年は本格的に天神祭に酔う

前回ジャックのことを書いたが、あれよあれよという間に時間が過ぎて、とうとうジャックともお別れの時が来た(BBQとかいろいろの話しはまた改めて報告します)。大学での行事が終わった翌日の昨日土曜日、ジャック夫妻を天神祭に招待した。

実は私の家は天神祭イベントの中心にある。なのにいつも仕事や何やらであまり積極的に参加はしてこなかった。今年はこんなわけで本格的に天神祭に参加しようと決心したわけである。

funatogyo.jpgBlank.jpghanabi1.jpgBlank.jpgといっても暑い中、若者達のように縁日をひやかすのも体力的にムリだ。そこでホテルのベランダから花火を楽しむというイベントに参加した。イベント会場である大川沿いにあるホテルは花火の打ち上げポイントの真ん前にあって、すばらしい花火を満喫できる。おまけに眼下には船渡御の舟がお囃子や大阪打ちで祭を盛り上げているのを一望できる。一緒に観覧したジャックとクリス(ジャックの奥さん)は、ベルギーにもお祭りはあるがこんな祭は見たことがないと、祭そのものというより祭を心から楽しむ日本人に驚いたようだった。

hanabi3.jpgBlank.jpghanabi2.jpgBlank.jpgそして、やはりクライマックスの花火100連発(200連発?)はすばらしかった。これにはジャック達も声を上げて感動してくれた。「これまで見た花火で一番良かったのはフランスで見た独立記念日の花火だったが、今日のはそれ以上にすごかった」というジャックに、そうやろそうやろ、ふむふむ、と満足してうなずく私であったのだ。

今日はそんなジャック達を駅まで送ってすべての行事が終了となる。彼が来日してから2週間とちょっと。やはり大変であったけど得られるものも多かった。日本人として精一杯「おもてなし」をしてきたが、これがベルギー王国と日本の交流を活発にする役に立てば、労も報われるというものだ。




posted by miyake at 07:50| Comment(0) | 気晴らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

犬鳴山でジャックとBBQ

今週木曜日に、ベルギーからジャックがやってきた。ジャックはリエージュ大学の獣医学部の教授で、2年ほど前からなんだかんだで繋がっている。去年ベルギーに行ったのも彼が受け入れてくれたからだ。年も同じくらいで性格も良く、日本通なのでうまく付き合ってこれている。

今回の訪日は、大阪府立大学とリエージュ大学間で、どういう手順で交流を進めるのかについて、情報共有と意見交換を行うのが目的だ。滞在期間は2週間。イベントが目白押しだ。マジメに考えるとめまいがしてくるが、こっちも楽しむスタンスで気軽に過ごすと決めた。

そんなジャックを迎え、まずは歓迎バーベキューをすることになった。場所は大学近くの犬鳴山。何にもない山の中だが、大学からも近く、自然の中でこじんまりお手軽BBQが楽しめる、ありがたーい場所なのである。

その様子はまたここで報告するとして、今日は2人でなんばにくりだした。くりだしたって言っても、気合い入れて行ったわけじゃない。滞在中に休日を利用していろんなところを観光したいと言うので、その情報収集に行ったのだ。特に英語の資料が必要だ、というので、英語資料のありそうな「大阪ビジターズインフォメーションセンター・難波」というところへ行った。

これがなかなかすごかった。外国人向けの情報が欲しいというと、次々とかゆいところに手の届く対応をしてくれるのだ。あっち行ってそれからこっち行って、それからこーんなとこも行くんですよ、などわけのわからないことを言っても、それではこうですねああですね、それはこっちの方が良いですよ、とちゃんとアドバイスをくれる。対応してくれたお姉さんがまたすごく感じよくて、思わず拍手したくなったくらいである。

douguya.jpgBlank.jpg大変満足したので2人とも調子に乗って、ちょっとめずらしいところへ行ってみようかと、オタロード道具屋筋に寄ってみた。オタロードには驚いたものの興味はないようだった、が道具屋筋にはなぜか食い付いた。滞在中にまたくるぞとマップまで手に入れて帰ったほどだ(写真は店の中を探索するジャックの後ろ姿)。


さあ、明日はBBQ。台風はそれたが暑くなるそうだ。うちのメンバーに加え他のラボからピロリンやイッチーも参加する。果たしてどんな会になるやら、、楽しみだ。



posted by miyake at 18:10| Comment(0) | 大学での日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。